村上醍醐の日記

時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

2018年6月11日気になったニュース(子育てサラリーマン向け)

上醍醐です。

母(子どもたちからすると祖母)が遊びに来たので、おもちゃでも買ってもらおうと東京駅のキャラクターストリートにむかったところ、売り物で一通り遊んだら満足したようで、何も買わずに帰ってきました。

本当に未就学児って素で「モノ消費」ではなく「コト消費」をしているのだと感じました。

さて、本日の気になったニュースです。

 

子育て・パパ関連

 

【無印良品】ママ愛用中♪ 育児にも家事にも役立つ優秀アイテムはコレ!

明るすぎず、持ち運びができるというのがメリット。パパも、オムツ替えや夜間の洗濯物干しはやると思うので、よさそう。子どもが寝たあとに自分の読書にも使えそうです。

 

子ども向けAndroidアプリの半分以上は裏でユーザー情報を集めている

しっかりと同意を得ないと、これからユーザー情報を用いたビジネスをするのは難しいでしょう。

 

「育児の“社長”は妻。僕は優秀なフォロワー」

同意。仕事にもいえることで、「何かあったら言ってください」「指示してください」と待ちの姿勢ではだめ。自分でやるべきことを考えて、自分の目的に沿って主体的に動くことが大事。そのためにまず、育児に参加しなくては、妻が抱えている課題感は見えてこない。

 

使わなければ大損! パパの「有休活用」ハウツー

「そうはいっても雰囲気がとりづらい」というのは確かにありますが、そうはいってられないタイミングが必ずきます。私は次男が急に低血糖で入院したときがそうでした。前もって準備しておくことで大分気持ちは違います。なにもないときに上司に「子どもがすぐ体調を壊す」とか「妻が結構大変」など布石を打っておくことをおすすめします。何もやらずに「とりづらい」は愚行です。

 

少食の4歳息子にヒットした!100均グッズ活用レシピ【なかよし兄妹日記#9】

子どもと一緒に楽しみながら食事をすることが解決の一歩。我が家も、一緒に魚屋に魚を買いに行き、魚屋にさばいてもらったもので、お寿司を作ったところ、それまで嫌がっていた生魚も食べるようになりました。

 

ビジネス関連

 

元偏差値35の東大生が教える「残念な勉強法」

社会人にも言えることなので紹介します。「再現できるかを確認する」「アウトプットを想定する」「つねに考える」ことで勉強の効率は変わるとのこと。

 

働く人が減れば生産性は向上、賃金も上がる

「就業者数が減ると労働力が希少になるから、賃金が上がる。これは、経済学の基本から導かれる結論」だが、それができなければ、日本は貴重な労働力を海外に流出させてしまうことになるのは明白。

 

外食市場好調。規模は過去最高。カレンダーや天候が要因

 

「増加要因として、前年と比べ土曜日が1日多くなったカレンダー要因や天候の安定、企業の期末宴会ニーズや花見客需要の増大などが調査結果では示唆されている」とのことで、業界の努力というよりは外的要因によるところが大きいと読み取れます。これから中長期的に成長するには、海外からの観光客取り込みは重要と考えます。

 

その他

 

東京おもちゃショー2018「シンカリオン」アニメ未公開新モードも!

シンカリオンは長男が大好きですが、大人も楽しめる良アニメです。

個人的には先日発売された「つばめ」が翼を持っていてカッコいいと思ってます。

「7月5日発売の新商品「DXS08 ブラックシンカリオン」(税抜6,000円)はシリーズ最多の4モードに変形可能とのこと」で、タカラトミーさんもイケイケドンドンな感じが伝わってきます。