村上醍醐の日記

時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

シュタインズ・ゲートゼロ9話感想~2018年6月16日 子育てサラリーマン向けニュース紹介

上醍醐です。   Amazonプライムビデオで「シュタインズ・ゲート ゼロ」9話を視聴しました。   ざっと感じたことを書くと以下の通り。  

  • 岡部が紅莉栖と対話の形で思考を深めていく描写がとても良かった。彼の中で紅莉栖との交流を通して彼女が息づいていることを感じた
  • アマデウスの中に、タイムマシン理論のヒントが有るという仮説はあっていて、比屋定さんはなにかまだ隠していることがありそう
  • ダルと岡部の絆がダルと鈴羽の対話の中でうまく表現されていた思う
  • 総じて、やっぱり紅莉栖がいてこその、シュタインズ・ゲートと言わざるをえない

  気になった方は、前作から見ることを強く推奨します。  

  では、本日の気になったニュースです。   父の日が近いこともあり、「パパ・子育て関連」がやや多めです。

パパ・子育て関連

  夫が少し家事をしてドヤ顔…それでも「褒める」方がいい理由を“パパ自身”がツイートして話題に!

育児も1人で抱え込むと回りません、仕事も一緒。うまく周囲のメンバーや上司を巻き込んだ人が大量を仕事をこなして評価されるのです。夫としては、言われなくても家事育児に取り組む姿勢が大事。仕事と同じです。  

クラシエ 子どもとおかしのアンケートVol.6 パパと子どものコミュニケーションに関する意識調査|クラシエフーズ株式会社のプレスリリース

クラシエフーズって、結構いろいろな知育菓子出してるんですよね。うちの子供も時々無性に欲しがります。「これどうやるの?」とか自然と親子のコミュニケーションが生まれる商品なので、とても良いと思います。  

「父親=みんな家事出来ない」の前提で話を進める風潮に違和感 いまだに育児業界が「イクメン」と持ち上げるのが問題か | キャリコネニュース

文化として、父親の家事参加が少なかった時代が長かったので仕方ない部分もあるかと。個人的には「イクメン」と呼ばれるのは、結局我々父親への期待値が低い現れだと認識しています。男性で「イクメン」と呼ばれたい人は少数派じゃないかと思います。  

長野)子育ての悩み、抱え込まないで:朝日新聞デジタル

本当に核家族での子育てはリスクがたくさんあります。地域で子育てすることで、子供にとってもコミュニケーションの多様化が期待できるし、大人にとっても雇用機会や社会経験を増やすきっかけになる。これからは安全である身分をなんらかの技術で証明し、赤の他人が様々な形で子育てに関わる形もありうるのでは。  

子育てをがんばっているパパに関するアンケート調査を実施~「パパの日」意識調査~|株式会社 赤ちゃん本舗のプレスリリース

父親は、妻が自分に求めているものが何なのか理解しながら子育てに参加することをおすすめします。マーケティングと同じです。子育ては子供のためなのと同時に母親のためでもあるからです。

ビジネス関連

  【マケスト提供】『Fastask』圧倒的なスピードと低価格でリサーチを実現するセルフ型クラウドリサーチサービス|ferret [フェレット]

アンケート画面作成を、Web上でできてしまうインターフェイスはそうとう考えられていないといけないと思うので、すばらしいですね。ただなんとなく「アンケートしたいなあ」と考えているようなマーケターにはハードルが高いかも。ある程度素地がある人向けのサービスかと。

その他

  ブロックチェーンや仮想通貨は、日常をどのように変えるのか|業界著名人インタビュー

ブロックチェーン」はインターネットに次ぐ技術革命になるんじゃないかと期待しています。次の文節もまさにそんな雰囲気を漂わせています。

仮想通貨やブロックチェーン技術は、今後も利用されていくでしょう。ですが、その技術がどのように機能し、どのように成り立っているのかは、知られずに使われるでしょう。

  『しんちゃん』新声優は小林由美子に決定 7・6放送分から担当【本人コメント全文】|カナロコ|神奈川新聞ニュース

プレッシャーは大きいと思いますが、がんばってほしいです。