daigolog

村上醍醐の日記。時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

0歳児におすすめの絵本3選

村上醍醐です。  

 

子育てについて教わるなかで「絵本を読まないで!」と言われることはまずないです。

それくらい絵本を読んであげることは、赤ちゃんにとって意味のあることです。

とはいえ、絵本を読んであげたいと思っても、無数にある絵本。

父になって5年以上になる私もかつて、

 

0歳の赤ちゃんにどんな絵本を読んであげたらいいのだろう。

0歳の赤ちゃんが喜ぶ絵本ってどんなものだろう。

 

と途方に暮れていました。

そこで今回は、私がおすすめする「0歳児に好評の絵本」をピックアップします。

ぜひお子様の初めての絵本選びの参考にしてください。

 

 

 

1.しましまぐるぐる

赤ちゃんが大好きな、「しましま」と「ぐるぐる」がいっぱい! カラフルできれいな黒白絵本。

おすすめポイント

長男が3ヶ月頃からずっと読ませていましたが、本当に大好きでした。

何度も何度も読まされて、そのうち暗唱できるようになったほどです。

ビビッドな色使いが面白く、惹きつけられるのかもしれません。

子どもによって好きなページは違うようですが、我が子は特に「ふわふわタオル」のページと最後の穴の空いているページが大のお気に入りでした。

 

2.じゃあじゃあびりびり

赤ちゃんは、言葉自体の持つ響きやリズムを楽しむ耳を持っているという。そんな赤ちゃんの興味を存分に満たし、モノの名前と音とその形とを結び付けてくれる1冊。

おすすめポイント

1歳が近づいた頃のお気に入り。

持ってきては「読んで」と(口に出しては言えないけど)渡してくる。

で、受け取って読み始めてあげると喜ぶ。

でも、1,2ページで他のことに興味が移ってしまう。

そんなやりとりを1日15~20回は繰り返すのです。

カラフルな絵と、「かんかん」「わんわん」といった音の組み合わせが、堪らなく刺激的なようです。

 

3.だるまさんが

「だ・る・ま・さ・ん・が」左右にうごくだるまさん。ページをめくると……あらら、びっくり! 大わらい! さて、おつぎは……? 0歳の赤ちゃんから大人まで、ページをめくるたびわらいの渦に引きこまれる、とびきりゆかいな「だるまさん」シリーズ第1弾です。

おすすめポイント

定番シリーズの1作目。

「だ・る・ま・さ・ん・が」と読んであげるだけで、「くふふふ・・・」と子どもたちの笑みがこぼれてきます。

「ぷしゅー」とか「ぽにん」とかそんな可愛らしいオノマトペが子どもたちのハートをつかんで離しません。

ストーリーなんてほぼないです。でも子どもたちは大好きなのです。

惜しむらくは著者が夭逝されており、続刊が望めないのは残念です。

 

まとめ

今回は、我が子が大好きだった絵本を中心に、おすすめする「0歳児に好評の絵本」をピックアップしました。

ぜひお子様の初めての絵本選びの参考にしてください。