daigolog

村上醍醐の日記。時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

【俺ガイル】おすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

はじめに

昔から読書が好きで、小説やビジネス書はもちろん、ライトノベルからノベルゲームや二次小説やSS*1も好んで読みます。

その中でも「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」(通称:俺ガイル)は二次創作物の数も多く、クオリティも高くて楽しめます。


アニメや原作を最後まで見ると、俺ガイルの世界観にもっと触れていたい、浸かっていたい、という思う方も多いと思いますが、その方法の1つが「SS」だと思います。

元々がライトノベルですので、そのまま移行しやすいのではないでしょうか。


これまで俺ガイルSSを数百作品と読んできた中から、おすすめの作品達を紹介します。

 

 
オススメ作品

個人的名作・特におすすめの作品

比企谷八幡「気づいたら雪ノ下と同棲していた」

 

よくある「嘘から出た真」系のお話。個人的には大好物でして、本作は雪乃がとても魅力的に描かれている良作です。

 

雪ノ下「ねこすきいいいいいいいいいいいいいい」

 

これはいいコメディ。サブレがいい味出しています。

 

いろは「…あれ?もしかして比企谷せんぱいですか?」
いろは「せーんぱい♪」八幡「……」ペラ、ペラ
いろは「せんぱーい、そろそろ千葉ですよー。起きてくださーい」

 

これはいいいろはす。大学でいろはに再会してからの短編3連作です。

こうした作品が読めるのはSSならではですね。作者は女性でしょうか、さりげない心理描写も上手で、かなりのSS巧者とお見受けしました。

 

八幡「37.5℃か…」

 

主人公がヒロインに看病されるという、SSではよくあるシチュエーションですが、このいろはすはかなりポイント高いです。

 

陽乃「雪乃ちゃんはいったいどうしたいの?」

 

みんな素直だったら・・・というIF。カナダってすごい。

 

八幡「同音異義語にご注意を」

 

お笑いコンビ「アンジャッシュ」のコントのような作品・・・と言えば大体どんな内容か伝わるでしょうか。起承転結が上手くまとまっていて、SSの見本のような作品です。本作は結衣がメインです。

 

【俺ガイル】八幡「比企谷…小雪?」

 

タイトルから推測できるとおり、八幡と雪乃の間の子どもである「比企谷小雪」が登場するのですが、オリジナル子どもキャラが登場する俺ガイルSSでは、本作が個人的に最高傑作だと思っています。ラストシーンが愛おしいほど素晴らしいです。

 

雪ノ下雪乃好きにおすすめの作品

雪ノ下「その…比企谷君は由比ヶ浜さんのことを…」

 

奉仕部の3人を描いた作品。原作と比べても違和感ないキャラ造形が素晴らしくレベルの高いSSです。 

 

小町「雪乃さん!お兄ちゃんに頭撫でてもらうの気持ちいいですよ!」

 

細かいところが気になりはしますが、雪乃・結衣がかわいらしく描写されています。

 

雪乃「八幡ポイントを上限まで貯めると」結衣「ヒッキーと結婚!?」

 

奉仕部含め各キャラが小気味よく動き、起承転結もしっかりとしているレベルの高いSSです。 

  

八幡「雪ノ下の頭を撫でて30分、最初は嫌がっていたが」

 

オチがいいです。どっちかというとコメディですかね。 

 

八幡「雪ノ下にマジギレドッキリ」

 

この作品で「だめのん」 という概念を知りました。だめのん可愛いです。

 

雪ノ下「だめのん?」

 

SSなどで描かれるちょっと残念な雪乃を人は「だめのん」と呼びます。原作からかけ離れすぎると途端に受け入れがたくなるので、塩梅が難しいのですが、本作はほどよいバランスで成り立っています。

 

雪ノ下「もう恋なんてしないなんて言わないわ……絶対。」

 

デレる雪乃が可愛く描かれています。

 

八幡「5W1H」

 

雪乃、あるいは平塚先生好きはぜひ。

 

【俺ガイル】折本「あ、あれ、比企谷じゃん」雪乃「あなたは確か」

 

雪乃のツンデレがいい塩梅で表現されています。

 

結衣「ゆきのんってヒッキーのことどう思ってるの?」

 

いわゆる八×雪ものですが、結衣がかわいい。

 

雪ノ下「比企谷君、今からティーカップを買いに行かない?」

 

タイトルの通り。割と雪乃のデレ分が強めです。

 

八幡「やはり雪ノ下のデレは色々と間違っている」

 

遊園地に遊びに行って二人で観覧車に乗ったら・・・雪乃のデレが好きな人におすすめ。

 

由比ヶ浜「ヒッキーごめんね」

 

結衣に振られた八幡に雪乃がお弁当を作ってくれます。結衣好きは注意。 

 

雪乃「両親が出会った経緯を聞いて作文にする宿題?」娘「うん」

 

八幡と雪乃のこどもが登場するSSは数多くあるのですが、こちらは娘との対話を通して描かれる雪乃の可愛さが際立つ良作です。

 

雪乃「名前はパンさん。ほら、目元なんてアナタにそっくり」

 

八幡と雪乃はすでに結婚している、という設定。前半は二人のラブラブな様子が描かれます。後半の展開はやや好き嫌いが別れるかもしれません。

 

やはり雪ノ下雪乃にはかなわない

 

正統派の雪乃SS。八幡の捻くれ具合がちょっと不足感はありますが、原作の空気感をかなり上手に出していると思います。

 

だめのん ダメのん ダメノン【俺ガイル】

 

雪乃と結衣がなぜか着ぐるみを着ています。「にゃんにゃん」という雪乃がかなり可愛いです。そして「がはま」に笑ってしまいました。

 

雪乃「すれ違いにはご注意を」

 

こちらもお笑いコンビ「アンジャッシュ」のようなすれ違い系のコメディです。ちょっとだけ下ネタがあるので苦手な方はご注意を。

 

葉山「俺と君が好きな人は同じみたいだな」八幡「!?」

 

ただひたすら雪乃が可愛い。

 

八幡「雪の下の思い出」

 

卒業から10年後、結衣の結婚披露宴から始まるストーリー。28歳だとちょっと言動に、違和感があるかもです。20代前半だと思うとしっくりきます。

 

雪乃「今年も、よろしく」

 

正月を舞台にした短編です。雪乃が非常に原作に近い感じで描かれており高クオリティの作品です。

 

どうにも、比企谷八幡は彼女のお願いに弱い

 

強風で電車が止まり、帰れなくなった雪乃に八幡は・・・。台詞回しなどが原作に近く、読みやすいです。

 

八幡「バック・トゥ・ザ・フューチャー?」

 

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を知っている方は2倍楽しめます。オリジナルキャラが出てくるので、その点は注意です。

 

八幡「ネコミミモード」

 

八幡に猫耳が・・・!? 短いですが、ほんわかしたよいお話です。

 

由比ヶ浜結衣好きにおすすめの作品

雪ノ下「比企谷君…ゴムを付けなさい…」

 

タイトルからなんとなくオチは想像できますが。結衣かわいい。 

 

由比ヶ浜「ヒッキー大変!小町ちゃんと体が入れ替わっちゃった!」

 

意外にも展開はシリアス寄りです。読ませる力のある作品。 

 

由比ヶ浜「…キスマーク」比企谷「は?」

 

テンポがよいです。オチも好き。 

 

結衣「ヒッキーがまたあくびしてる…」

 

結衣好きにおすすめ。かなり長いですが読み応えがあります。オリキャラが出てくる点、ご留意ください。

 

続編:

【後編】 結衣「ヒッキーがまたあくびしてる…」
【おまけ】結衣「ヒッキーがまたあくびしてる…」

 

八幡「腹話術する女子って可愛い」結衣「!?」

 

ちょっと三点リーダが多いのが気になりますが、結衣が魅力的に描かれます。そしてオチがいいです。

 

一色いろは好きにおすすめの作品

めぐり「先輩と?」いろは「後輩と!」八幡「勘弁してください」

 

いろはが可愛く描かれています。ちょっと3点リーダが多いのが気になってしまいました。 

 

いろは「全力で先輩を攻略する」八幡「やめてくれ」

 

かなり甘めな、いろはすSS。いろは好きにはおすすめです。

 

いろは「わたし、葉山先輩のことが…」葉山「…俺は彼の代わりにはなれない」

 

地の文ありのいろは一人称作品。長めですが、レベル高いです。

 

いろは「わたしのアイスを返してください!」八幡「なんの話だよ?」

 

いろはのあざと可愛さが、嫌味なく発揮されている良作です。

 

一色いろはは諦めきれない

 

地の文ありのいろは一人称作品。いろはを一人称で魅力的に書くのは相当難しいと思うのですが、この作品は読みやすいし良作です。

 

いろは「催眠術かけちゃいますよ」八幡「やれるもんならやってみろ」

 

八幡がいろはの催眠術にまんまとかかってしまうというお話。 

 

いろは「思い込みにはご注意を」

 

こちらもお笑いコンビ「アンジャッシュ」のようなすれ違い系のコメディです。

 

いろは「量産過多」

 

周りの女性陣がいろはのマネをし始めて・・・というお話。あっさりとしていますが、地味にラストシーンがお気に入りです。

 

八幡「なぁ、いっし…雪ノ下」雪乃「!?」

 

いろはモノとしても非常に優秀ですが、雪乃もかなり魅力的に描かれており、雪乃好きにもおすすめしたい作品です。

 

【俺ガイルSS】かくして、彼と彼女の放課後は過ぎ去っていく。

 

いろはとのある日の放課後が丁寧に描かれます。とってもいろはがいい子です。

 

【俺ガイル】いろいろいろは

 

割とアグレッシブよりのいろはです。

 

川崎沙希好きにおすすめの作品

八幡「雪ノ下も由比ヶ浜も病んでて困ってるんだ」

 

こちらは珍しい川崎物。川崎は常識人なので、上手く料理しないとSSではなかなか輝けなくて残念ですが、本作では上手に魅力を描いていると思います。 

 

【俺ガイル】京華「はーちゃんもいっしょー」

 

川崎モノ。俺ガイルSSはサブヒロインの作品に良作が多いのが嬉しいですね。

 

八幡「川崎家に居候することになった」沙希「遠慮しないでいいから」

 

八幡があまりの周囲からの冷遇に家を飛び出していつの間にか川崎家に居候することになるというお話。最初のあたりの八幡への周囲の対応の描写が許容できればあとは止まりません。川崎モノとしては最高峰の作品です。

 

八幡「クリスマスイベントが中止?」

 

構成がしっかりしているので、引き込まれます。アンジャッシュのコントを見ているかのような面白さもあります。川崎モノは割と平均的に作品レベルが高いですね。

 

その他のおすすめ作品

平塚「比企谷、そもそも君は誰の専業主夫になるつもりなんだ?」

 

平塚先生物。「ウブ・思い込み激しい・すぐ泣く」という二次創作における静先生の要素が程よくまとまっている作品です。

 

三浦「じゃあさ、あーしと付き合う?」八幡「は?」

 

珍しい三浦物。原作の世界観とかけ離れることなく、絶対に描かれないであろうストーリーを上手に魅せてくれます。

 

比企谷小町「お兄ちゃんに本気を出させたらどうなるか」

 

催眠術で八幡を葉山のようにすると・・・というお話。SSならではの設定ですが、それを上手に料理していて面白いです。 

 

八幡「俺の周りだと可愛いのは戸塚だな、まちがいない」

 

タイトルとは違い実際には、奉仕部の3人のお話。雪乃→猫。結衣→犬。 

 

監督「3、2,1」 比企谷八幡「青春とは悪である・・・・・・」

 

なるほど、こういうSSもありなのか、と思わされました。メタ的な楽しみができますね。 

 

小町「…俺ガイル?なにこれ」八幡「あっ」

 

設定が一捻り。好き嫌いがあるかもしれませんが、私は純粋に感心しました。

 
葉山「俺とヒキタニ君が崖から落ちそうになっていたとする」

 

こういうSSを書こうとする発想は自分では出てこないですね。脱帽です。

 

「やはり俺のホワイトデーは間違っている」

 

ホワイトデーで女性陣にお返しする様子が淡々と描かれますが、これくらいサラッとした作品もいいと思います。

 
小町「ねえお兄ちゃん。小町ね、結婚するよ。……小町的にポイント、低いかな?」

 

俺ガイルSSでなくても通用しそうですが、こういうしっとりとした作品もアリです。いろは「…あれ?もしかして比企谷せんぱいですか?」 の作者の作品のようです。

 

小町「お兄ちゃん、今年の小町のバレンタインデーは中止となります。」

 

バレンタインデーのIF。特定のカップリングはなく、雪乃・結衣・いろは・沙希・小町が登場します。

 

八幡「贈り物には想いを込めて」

 

こちらもバレンタインデーのIF。奉仕部の3人を中心にバレンタインデーの様子が丁寧に描かれます。

 

八幡「ぼっちあるある?」

 

本当に共感できる「あるある」で笑ってしまいました。後半は初詣のお話。 

 

八幡「誕生日ってなんだろうな」

 

八幡がみんなに誕生日を祝ってもらいます。

 

娘「早く起きてほしいのだけれど」八幡「えー」

 

誰の娘なのか一目瞭然ですね。雪乃分がかなり色濃くでた娘ものです。

 

小町「お兄ちゃん、明日話しかけられたら相手の下の名前呼んで返事して」八幡「は?」

 

ドラマCDとかにしてほしい作品です。 

 

八幡「想いを返す日」

 

ホワイトデーのお話。丁寧な描写に好感が持てます。

 

私が高く評価したい作品

以下のような作品です。

 

  • 雪乃、いろは推し
  • キャラクタ描写が原作から大きく乖離していない  →口調や呼称、考え方など
  • 適度なイチャラブもの
  • オリジナル要素は最小限 →よほどの世界観構築・文章力がないと読み進めるのが苦しいです

 

今後も随時更新予定です。

 

おすすめの俺ガイルのゲーム

SS好きならこちらの作品もおすすめです。

原作を追体験しつつ主要キャラの個別ルートが味わえます。

 

 

*1:サイドストーリーまたはショートストーリーの略で、 主にファンによる非公式の二次創作小説