daigolog

村上醍醐の日記。時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

シュタゲおすすめSSまとめ【オカクリ中心】

村上醍醐です。


はじめに

昔から読書が好きで、小説やビジネス書はもちろん、ライトノベルからノベルゲームや二次小説やSS(※)も好んで読みます。 SSで特に好きなのは、シュタインズ・ゲート(通称シュタゲ)シリーズです。

※SSとは、サイドストーリーまたはショートストーリーの略で、 主にファンによる非公式の二次創作小説を指します。

アニメや原作を最後まで見ると、シュタゲの世界観にもっと触れていたい、浸かっていたい、という思う方も多いと思いますが、その方法の1つが「SS」だと思います。元々がノベルゲームですので、そのまま移行しやすいのではないでしょうか。

これまでシュタゲSSを数百作品と読んできた中から、おすすめの作品達を紹介します。


オススメ作品

個人的名作・特におすすめの作品

紅莉栖「デレデレ本音ちゅっちゅメール……略して『DCメール』?」

この作者、間違いなくSS巧者です。違和感のない台詞回しにしっかりと起承転結の流れがあります。


恋情回帰のスローダンス

「オカクリ」としては最高峰。作者の愛が感じられます。かなり甘めなので、そこはご留意を。


まゆり「あなたは誰ですか?」岡部「……ッ」

レベル高し。オリキャラが躍動していて全然気にならない。むしろ厨二病まゆりが可愛く見えてくる。かなりのSS巧者の作品とお見受けしました。


観測者

シュタゲゼロもの。とても「いい意味で」騙されました。好きですね、こういう作品。


牧瀬紅莉栖・オカクリ好きにおすすめの作品

紅莉栖「猫は気まぐれなのよ」

久しぶりにシュタゲSSを読みたいと思えた作品。ババ抜きの心理戦をコミカルに描きます。


クリス「私とまゆりのどっちかが死ぬはずだった?」 岡部「そうだ」

独自解釈で展開されるオリジナルストーリー。読み応えがありますが、結構長いです。


岡部「紅莉栖と思いっきりいちゃいちゃしたい」紅莉栖「!?」

これはいいイチャラブもの。


岡部「鳳凰院凶真のオールナイト円卓会議」

よくあるオリジナル未来ガジェットもの。ラボメンにいろいろ質問をします。


岡部「本音なのかツンデレなのか分からなくて辛い……」

好意を数値化するオリジナル未来ガジェットもの。


岡部「明日は何の日か、だと?」

バレンタインデーものです。


岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」

紅莉栖「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」

これは2つでセットの作品。岡部→紅莉栖の順番で読みましょう。まゆりを助けるため、バカ正直に何度もタイムリープを繰り返すお話。コメディです。


紅莉栖「岡部が口をきいてくれなくなった」

少し長めの作品。各キャラクタたちがのほのぼのとしたやりとりがうまく表現されている良作です。


紅莉栖「岡部、また私のプリン食べたでしょ…」岡部「牧瀬プr(ry」

あまりタイムリープマシンを安易に使う話はそこまで好きではないのですが、これはハートフルストーリーとして読みやすくて◎


岡部「潰瘍性大腸炎だと……!」

作者の方の実体験なんでしょうかね。。。不思議と違和感なく設定が飲み込め、こんな世界線もあるのか、と思わされます。


紅莉栖「おかべ・・・ちょ・・・やぁ//」

コンパクトによくまとまった秀作。紅莉栖のデレ分がやや多め。


紅莉栖「岡部を怒らせちゃった……」

これはいいオカクリSS。短いですが、起承転結がうまくできています。


岡部「助手が化けて出てきた」紅莉栖「助手じゃないと言っとろーが」

ちょっと変化球。こういう作品もアリですね。


紅莉栖(91)「助手ってゆーな」

タイトルからは想像できない感動作。ややくどい表現もあるのですが、シュタゲSSを読むならぜひ一読してほしい名作です。


紅莉栖「新未来ガジェット『パンツはじけ飛んだ』」

とてもいい意味でバカバカしいコメディの良作です。


岡部「紅莉栖が好きすぎて生きているのが辛い」ダル「」

紅莉栖に対して素直になれない岡部がダルに相談するお話。後半のラブラブぶりが素晴らしいです。


紅莉栖「覚えててくれてるかな……」

岡部は紅莉栖の誕生日にサプライズを企画するが、、、


紅莉栖「今日は早いのね、岡部」岡部「・・・」

最初は読んでて辛いところがあるのですが、そうなってしまった理由がわかってからはグイグイと引き込まれます。


紅莉栖「デレデレ助手化飲料……アシスタント・ペッパーよ!」

後半は好みが分かれるかもしれません。


岡部「紅莉栖、好きだ!」 紅莉栖「嘘乙」カタカタ

エイプリルフールネタ。


岡部「俺は呪われているのかもしれない…」

独自解釈が許容できるなら・・・なかなかの力作です。


紅莉栖「未来ガジェットマイナス8号『デレデレンジ(はぁと)』?」

甘々です。


岡部「助手のデレ度を測る……リーディング・ジョシュタイナー?」

序盤から中盤にかけて畳み掛ける感じが最高です。


相似感情のウィンドミル

よくある会話形式のSSではなく地の文が岡部の語りとなっています。 内容は、ラボに扇風機を導入すべくフェイリスを頼ったところ条件として、紅莉栖がメイドコスプレをすることになり・・・というもの。


一触即発のラブ・ゲーム

pixivは甘いオカクリ小説の宝庫です。こちらはラボメンがジェンガをするお話。ラボメンたちのやりとりが楽しそうです。


転禍以福のHypothesis

紅莉栖が入院してしまい、RSの影響を疑う岡部は心配で・・・というお話。ラストシーンがいいですね。胸が熱くなりました。


岡部ゼミシリーズ

pixivで連載されています。いわゆるアフターストーリーでオリキャラ要素もあるのですが、作者の方の筆力が十分で普通に読み物としてのレベルが高いです。


スタンド・バイ・ミー

劇場版アフターとなっており、ほぼ全編オカクリのみの、とても甘々な内容になっています。


世界線変動率にさよならを

長いですが、読み応えがあります。


椎名まゆり好きにおすすめの作品

岡部「まゆりがグレてしまった……」

まゆり派の方はこちらの作品をどうぞ。


オカリン「今夜、星を見に行こう!」まゆしぃ「え?」

ラボメンの絆が描かれており、心が温まります。


阿万音鈴羽好きにおすすめの作品

鈴羽「おーっす、岡部倫太郎ー。勝手にお邪魔してるよー」

鈴羽好きな方に超オススメしたい作品。


桐生萌郁好きにおすすめの作品

岡部「付き合うならやはり年上だな」紅莉栖「!?」

萌郁好きにオススメの作品です。


紅莉栖「肝試し大会とかw」

萌郁好きにオススメの作品その2。仕掛けが施してあり、なかなか読み応えがあります。


その他のおすすめ作品

岡部「強くてニューゲーム?」

タイトルそのまま。オチがいいです。


ハルヒ「IBN5100を探しに行くわよ!」

シュタゲSSというよりはハルヒSS。とにかく長いです。うまく2作品がクロスオーバーされています。独自解釈が多く難解なところもありますが、読み応えがあります。


岡部「七夕も終わるな」ダル「だね」

ラボメンの短冊に書かれた願いとは・・・ホロッとするいいお話です。


岡部「デスノート?」

「シュタインズゲート」と「DEATH NOTE」のクロスオーバー。なかなかどうしてよくマッチしていて違和感がほとんどありませんでした。


岡部「ラボメンガールズ全員に素直に接するとどうなるか」

タイトルそのまま。


ダル「オカリンは正月何して過ごすん?」岡部「ん?」

ダルの語りのSSは珍しい。ラボメンの絆が描かれるほのぼのとして良作。


岡部「ラボメンでカラオケに行くことになった」

カラオケの選曲を通して各ラボメンの特徴を上手く引き出している、ほのぼの良作です。


岡部「この記憶は一体……」

あらゆる世界線の記憶を保持することになった岡部のお話。力作です。


岡部「このラボメンバッチを授ける!」真帆「え、いらない」

数少ない貴重なシュタゲゼロのSS。真帆が主人公なのも珍しいです。長編かつ作者独自の解釈も含んでいますが、読み飽きさせない筆力ある作品です。


サマーメルトレンズ

シュタゲゼロもの。ラボメンがメガネをかけると・・・というお話。とても平和な世界線です。


運命は恋するものに

続けてシュタゲゼロもの。公式外伝小説「無限遠点のアルタイル」を読んでいるとより楽しめます。


私が高く評価したい作品

以下のような作品です。

・基本はオカクリ

・キャラクタ描写が原作から大きく乖離していない

→口調や呼称、考え方などです

・適度なイチャラブもの

・オリジナル要素は最小限

→よほどの世界観構築・文章力がないと読み進めるのが苦しいです


SS好きにおすすめのゲーム

2019年に発売された「STEINS;GATE ダイバージェンシズ アソート」は、『STEINS;GATE 0』『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』『STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム』の3タイトルを収録しており、さらに深くシュタゲの世界を堪能するにはおすすめです。