村上醍醐の日記

時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

【たった5分で】ソフビ人形が変形して立たないときの直し方

村上醍醐です。

 

5歳前後の男の子がいる家庭の1/3くらいは1体は持っているのではないかと勝手に想像する「ソフビ(ソフトビニール)人形」。

 

我が家にも十数体のウルトラマンのソフビ人形が鎮座していますが、いつの間にか足の辺りが歪んでしまって、立たなくなってしまうことがあります。

 

そんなときに5分で歪みを直せるテクニックをお教えします。

 

 

こんな時ありませんか?

我が家も、バーンマイトさんが立ちません。

手を「前にならえ」すれば辛うじて立つのですが、それでも薄氷に立つような危ういバランスです。

下から見てみると、やはり足が歪んでいます。コレでは立てません。

 

手順

手順はとても簡単、たった3ステップです。

 

  1. 患部を熱する
  2. 柔らかくなるので歪みを調整する
  3. 冷やして固める

 

1.患部を熱する

ソフビ人形が何から出来ているかというと、「PVC(ポリ塩化ビニール)」というもので出来ています。PVCは熱で変形する特徴を持っているので、その性質を利用します。

 

具体的には、2通りあります。いずれか、やりやすい方法を選んでください。

  • 80度以上の熱湯に患部を10秒ほど浸す
  • ドライヤーで患部を熱する

 

ソフビ人形は、熱するとその部分が柔らかくなります。

熱湯は、お湯を沸かす手間が面倒という方はドライヤーがよいでしょう。我が家はいつもポットにお湯を常備しているので、熱湯派です。

ただし、沸騰しているような熱湯にあまり長い時間漬け込むのは塗料に影響があるので控えたほうがよいでしょう。

2.柔らかくなるので歪みを調整する

熱するとその部分が柔らかくなるので、すばやく手で調整しましょう。一回でうまく出来なければ、何度か1→2のステップを繰り返しましょう。

 

3.冷やして固める

いい感じで調整ができたら、氷水やドライヤーの冷風で患部を冷やしましょう。ソフビ人形は、冷やすことでその部分が硬化します。

一回でうまく出来なければ、1→3のステップを繰り返しましょう。

 

復活!

手を挙げなくても、再びバーンマイトが立ち上がりました。これで一安心です。

 

手順まとめ

 

  1. 患部を熱する
  2. 柔らかくなるので歪みを調整する
  3. 冷やして固める

 

簡単ですね。これで子どもからの信頼UP間違いありませんので、ぜひお試しあれ。