村上醍醐の日記

時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

「コマンドプロンプト」「PowerShell」の立ち上げ方

上醍醐です。

 

備忘の意味も込めてやり方をメモ。

ちなみに業務上、本当に必要になったときに使うだけで、プログラミング知識等はほぼ皆無に近いです。

 

 

コマンドプロンプト」と「PowerShell(win10)」とは

いずれもコマンドを打ち込むことによって、直接パソコンと意思疎通できる機能のことで、特定の作業(ファイルの結合、フォルダ構造の出力など)の場合は、コマンドプロンプトが有効だったりします。

Windows10には「PowerShell」というものもプリインストールされているのですが、画面ファイル結合程度であれば、どちらでもよいですが、一般的に「PowerShell」のほうが上位互換とされているようです。

 

コマンドプロンプト」呼び出し方

1.ショートカットキーを使う

立ち上げ方は複数ありますが、もっとも早いと思うのは下記です。

Windowsロゴキー + S」→「cmd」

f:id:murakamidaigo:20180911121739j:plain

 

PowerShell」呼び出し方

こちらも立ち上げ方は複数ありますが、もっとも早いと思うのは下記です。

1.ショートカットキーを使う

Windowsロゴキー + X」→「PowerShell

f:id:murakamidaigo:20180911123105j:plain

 

2.「Shift + 右クリック」を使う

個人的には、よく使います。

他には「ファイルのパスをコピー」といった裏(?)コマンドもあるので、おすすめです。

この起動方法だと、使用するフォルダがプリセットされているので、コマンド入力が省略できる利点があります。

f:id:murakamidaigo:20180911135051j:plain