村上醍醐の日記

時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

【JWA】ver1.5へのアップデートが間近

村上醍醐です。

 

先日ジュラシックワールドアライブ(Jurassic World Alive)公式アカウントより、ver1.5へのアップデートの予告がありました。

また、11/20(火)未明のアナウンスで、日本時間11/20(火)の21:30からメンテナンスが開始されることが明らかになりました。11/21(水)朝からはver1.5でのプレイができそうです。

主な変更点は下記リンク先にまとまっています。

 

forum.ludia.com

 

 

アップデート内容まとめ

※掲載画像はすべて上記リンク先からの転載です

新たな機能実装

アライアンス(同盟)

プレイヤーはアライアンスを作成したり、既存のアライアンスに加わることができるようになります。
チャット機能もあり、日本語にも対応予定です。

チャット機能を使い、ノーマル・レアのDNAをトレードすることができるようです。

 

デイリーミッションの追加

ミッションを達成することで報酬がもらえます。

ミッションはクリアしていくと徐々にレベルが上がり、報酬もよくなるようです。

 

新たな恐竜実装

非ハイブリッド

f:id:murakamidaigo:20181118180428j:plain

 

ノーマル

  • ディモルフォドン :映画本編にも登場した翼竜、ジュラ紀、「二形の歯」の意
  • ミラガイア :ジュラ紀、剣竜下目、名は発見場所に由来

 

エピック

  • ダルウィノプテルス :ジュラ紀、翼竜、「ダーウィンの翼」の意
  • ディプロドクス :ジュラ紀、竜脚下目、「二重のを持つもの」の意

 

ハイブリッド

f:id:murakamidaigo:20181118181410j:plain

 

※素材は予想を含みます

 

レア

  • プローリス :リトロナクス + プルスサウルス(第二世代)

エピック

  • ディモダクティルス :ディモルフォドン + トゥパンダクティルス

レジェンド

  • ドラコケラトプス :ドラコレックス(第二世代) + トリケラトプス(第二世代)
  • ティラノロフォサウルス :ティラノサウルス(第二世代) + ディロフォサウルス(第二世代)

ユニーク

  • テノントレックス :ティラノロフォサウルス + テノントサウルス
  • ソロドロサウルス :タルボサウルス + アロシノサウルス
  • グリポリス :グリポスクス + プルロリス

 

今まで使い道のなかった恐竜たちが日の目を見ることができそうです。特にタルボサウルスやリトロナクスといったノーマル恐竜がハイブリッド素材になるのは嬉しいですね。

 

アリーナ報酬の見直し

アリーナで獲得できる孵卵器から得られるDNA報酬のラインナップが見直されています。

 

MAP上の出現パターンの修正

バランス調整がされるようです。おそらく「metahub」さんあたりが早期に解析されることでしょう。

 

※11/20に情報公開されました。(早すぎ)

 

Jurassic World Alive: Spawn Mechanics Post 1.5 update – Where to find specific Dinosaurs? + Spawn Rates - Metahub

 

バトル調整

「一撃離脱」の仕様変更

交代先の恐竜が自ら選択できるようになります。

 

新しいスキルの追加

カウンターやSIAを中心に変更・追加があります。

主なところでは、メガロスクス・ラジャキロサウルスのカウンターがアーマー貫通になったりします。

 

スタンの強化

原文の解釈がやや難しいのですが、影響を受ける恐竜のラインナップを考えると、「スタン攻撃」のスタン確率が75%に上がるようです。(metahubさんでは、「強烈な一撃」のスタン確率が上がると分析されています)。ステゴケラトプス、エイニアスクスたちが恩恵を受けますね。

 

「優位な攻撃」の弱体化

これまで、全ての状態異常を直しつつ相手を減速させられた「優位な攻撃」は、ver1.5以降、減速、裂傷、封じ込め(交代不可)、弱体化は消せなくなり、明確に弱体化されます。ステゴサウルスやステゴディアスが影響を受けるこの変更が、今回のアップデート内容で一番賛否を呼ぶかもしれませんね。

 

カウンター持ち、免疫持ち恐竜の調整

バトルの勝敗結果のデータから各種調整がされます。

 

タンクタイプのスキル変更

ステゴディアスなどのタンクタイプは、実際かなり万能でもあったのですが、スピードタイプの恐竜対策中心にスキル構成が変更になります。

  • ギガスピカサウルス、ノドパトサウルス :ともにアーマー貫通が弱体化されます
  • ノドサウルス :アーマー貫通が減速攻撃になります。HPは4,350に減少します。
  • ステゴディアス :アーマー貫通がただの2倍攻撃に変わります。一方HPは5,400に増加します。

 

その他調整

 

主なところでは、下記変更が目を引きます。

※ステータス値はLv26換算のようです

 

  • アロシノサウルス :攻撃が1,600に増加
  • インドラプトル :HPが3,900に増加
  • モノロメトロドン :攻撃が1,000に増加。速度が126に向上。HPが3,750に減少
  • モノミムス :HPが2,700に減少
  • ピロラプトル :激突(出血)が牽制攻撃に変更
  • ステゴサウルス :優位な攻撃が弱体化した代わりに、攻撃は1,200、HPは4,500、速度は117、アーマーが20%に増加
  • ティラノサウルスレックス :攻撃は1,800、HPは4,350に増加

 

モノミムスの弱体化は、多くのプレーヤーの悲鳴が聞こえてきます。

 

その他改善

ネットワーク接続の改良がされ、GPS周りを強化するようで安定性が増すとのことです。切断管理の変更というのは、事あるごとにMAPを読み直すのが改善されるということでしょうか。

また、Androidのみですが、SDカードにゲームをインストールすることができるようになるようです。地味にありがたいかもしれません。

 

まとめ

以前からもそうですが、バトルで使用される恐竜の幅を狭めない仕様変更が、大きな方向性として見られます。もちろん、運営側としてはプレイの多様性は継続的な発展のために重視するでしょうから、納得性があります。

今回その被害者となるのはステゴディアスを始めとしたタンクタイプの恐竜たちといえそうです。あとはモノミムスも象徴的です。

よくスマホゲームでは新キャラをどんどんと追加することで、ステータス・スキルがインフレしていくのですが、海外のアプリだからでしょうか、容赦ない下方修正が印象に残りました。海外のゲームはこうなのか、それともこの運営の特長なのでしょうか。

個人的には、育成の多様性に耐えられるのは、ある程度の課金が必要になってきますので、こういった方向性ですと、無課金・ライトユーザーは離れやすくなってしまうのではないかと危惧しています。

おそらく数日以内にバージョンアップは実施されると思いますので、楽しみに待ちましょう。