村上醍醐の日記

時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

サラリーマンが仕事を進める上で必要な4つの能力

村上醍醐です。

 

サラリーマン歴10年を超え、管理職の足音も聞こえてきました。周囲からも「ならないの?」と言ってくださり、有り難い限りです。

改めて「仕事ができる」ってどんなスキルが必要なのか考えてみました。重要なのは、やっている仕事に左右されない、普遍的な能力だと考えています。

私は、経験や書籍の知識などから、以下の4つの能力が大事だと考えています。

 

 

私が思うサラリーマンに求められる4つの能力

 

  1. 責任能力
  2. 想像力
  3. 論理思考力
  4. 依頼力

 

それぞれについて解説します。

 

1. 責任能力

自分に何ができるか(できないか)をきちんと自覚して、自分にできることを確実に行うことができる(一定以上の責任感がある)のことです。

 

2. 想像力

相手がどういったことを望んでいそうか想像できる(いろいろな状況を想定できる)ということです。

 

3. 論理思考力

論理的に、あるいは熱意・誠意をもって説明する能力が一定程度あることが重量です。

 

4. 依頼力

自分がミスをすることを前提に、重要な点は他人に確認を依頼することを厭わないほうが、結局仕事は上手く回ります。

 

 

まとめ

1つ1つの作業を進めていく、細かいスキルも大事なのですが、年次を重ねるに連れ、上記の能力の必要性をヒシヒシと感じます。

そしてこれは子育てにも応用できます。夫婦間に当てはめてみるとわかります。

公私共にスムーズに物事を進めていけるよう、上記4つの能力を意識し、高めていきたいところです。