村上醍醐の日記

時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

TwitterのMy「いいね」リストは宝の宝庫

村上醍醐です。

 

Twitterの「いいね」機能知っていますか?

Twitterユーザーの方は、「いいね」機能はお使いですか?

ツイート下部にある「ハートマーク」をクリック・タップするだけで、そのツイートに対する好意的な気持ちを表明できる機能です。

この「いいね」の特に良いところは自分含め、ユーザーのツイート一覧画面でリストとして参照できるところ。いわゆるブックマーク的な使い方ができます。

 

 

My「いいね」リストを振り返ったら発見ばかりだった

ふと自分の過去の「いいね」リストを見直していたら、とても有用なツイートばかりなことに気が付きました。それは当然といえば当然で、一瞬でも自分の琴線に触れたもののコレクションだからです。

ノウハウ系のツイートだったら、「今でも実践できてる、よしよし」というものもあれば、ちょっとしたネタ系で「こんなツイートもあったんだ!」と、多くの発見があったため、もっとこの機能は使っていきたいと思いました。

 

具体的には、以下のようなステップで活用していくつもりです。

 

  1. とりあえずハードル低めで、どんどん「いいね」していく
  2. 一定期間が経ったら、リストを見直して、精査していく
  3. 残ったものを、自分なりの言葉で咀嚼して昇華する

 

Twitterは情報収集SNSとして優秀

私はTwitterを「情報収集」ツールとしてメインで使っています。イベントのことや、商品・作品の口コミなどは、結構Twitterで鮮度の高い情報が得られるのです。

また、Twitterの特長として、日本国内で若年層の利用率が比較的高いということがあります(下図参照)。

 

f:id:murakamidaigo:20190109102255p:plain

日本では若年層でTwitterの利用率が高い(出典:https://appbu.jp/share-of-social-media


Twitterならではのゆるめのコミュニケーションや、情報獲得のしやすさが受けていると個人的には推察していますが、若年に受けているということは、今後5~10年は安泰と言えるのではないでしょうか(よほどのキラーサービスが出ない限り)。

ユーザーが増えればそれだけ、情報量も増えますので、Twitter社にはぜひその価値を訴求していただき、ユーザー維持増加していってもらいたいと思います。

 

まとめ

Twitterは情報収集ツールとして優秀で、さらに「いいね」を使うことで、つかいやすいブックマーク機能になるので、おすすめです。