【ヤマムロ】成都陳麻婆 陳麻婆豆腐調味料

スポンサーリンク

村上醍醐です。

今回は、私が今までに食べた市販の麻婆豆腐の素で一番好きな「ヤマムロ 陳麻婆豆腐」を紹介します。

人気テレビ番組「マツコの知らない世界」の「麻婆豆腐」特集回でレトルト麻婆豆腐の素No1に選ばれた商品でもあるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

  

商品概要

株式会社ヤマムロ-陳麻婆豆腐 調料

商品紹介

本場中国・四川省成都市にある麻婆豆腐の名店『陳麻婆豆腐』より直輸入した麻婆豆腐の素です。別添の花椒粉をお好みで振り掛けて頂くとより一層スパイシーになります。

3~4人前作れる調味液が4回分入っております。

この調味料を使用しますと各種の料理が美味しくできます。(麻婆茄子、麻婆春雨など)

 

原材料・成分

菜種油、豆板醤、とうがらし、豆鼓、食塩、醤油、調味料(アミノ酸)、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

別添:花椒粉

 

前述の通り、人気テレビ番組「マツコの知らない世界」の「麻婆豆腐」特集回でレトルト麻婆豆腐の素No1に選ばれた商品です。

元々放送前から私は常に自宅にストックするくらいこの商品が好きで、この放送直後はよく買っていたカルディの店頭からも消えてしまい、困った記憶があります。

ただ、あの番組を期にこの商品を知った人も多かったということなので、その点は喜ばしいことです。

 

作ってみた

 

メーカーが推奨する作り方は下記のとおりです。

f:id:murakamidaigo:20190117122955p:plain

出典:ヤマムロ商品HPより

本商品にはひき肉が入っていないので、自分で用意する必要があります。気持ち分量よりも多めに入れるとお肉からダシが出て、旨味がUPします。

また長ネギを入れることが推奨されています。

別になくても大丈夫ですが、入れると香味野菜の風味が全体の味わいを底上げするのでおすすめです。

 

1点注意すべきなのは、水溶き片栗粉も自分で用意するということです。

よくある丸美屋の麻婆豆腐ですと片栗粉が別添でついてきますが、これはついていないので注意です。作りはじめてから準備すると慌てるので、肉を炒め始める前から片栗粉は用意しておくことをおすすめします。

 

出来上がりはこんな感じです。別添の花椒はお好みでどうぞ。

 

感想

「お店で食べる麻婆豆腐」という表現がピッタリ来ます。

何度食べても美味しい。

ただ辛さは他の市販の素と比べると辛い(4.0/5.0)ので、注意が必要です。心配な方は花椒はかけずに一口食べてみることをおすすめします。

 

本商品は定価600円程度とちょっと単価がお高めなのですが、1箱で4食分入っているので、実は1食分は150円程度です。

実売価は500円台なので、もう少し安くなるはずです。

そう考えると、この価格感でこの満足度は破格でしょう。

 

買ってみたい方は、実店舗ですと、カルディや北野エースといった輸入食材を扱っているスーパーでよく取り扱いがありますのでチェックしてみてください。

あるいは、Amazonや楽天の通販という手もありますので、その場合は下記リンクからどうぞ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました