daigolog

村上醍醐の日記。時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

ブログを投稿するベストな時間帯に関する考察

村上醍醐です。

 

ブログをやっているからには、少しでも多くの人に読んでもらいたいと思うのが普通です。

私もそうです。

で、ブログを続けていると一度は考えるのが、「ブログを投稿するベストな時間帯ってあるのか?」という問。

私は色々と調べて考えた結果、いつも20時に記事を公開するようにしています。

その理由を以下で説明していきますね。

 

 

そもそも投稿時間によって、何が変わるのか?

当然のことなのですが、改めて整理しておきます。

なぜ投稿時間を気にするか、というと、

 

ブログ読者数・PVを増やしたい

少しでも多くの人の目に触れてほしい

何時くらいがいい?

 

という単純なことだったりします。

 

まずは自分が他人のブログを読む時間帯を考えてみる

他人のブログを見るということは、つまり「インターネットをしている」と置き換えてよいでしょう。

私自身は、大体一日のうち下記の時間帯にネットしていることが多いです。

 

  • 朝の通勤(9時前後)
  • 昼休み(12時台)
  • 帰宅時(19~20時)
  • 寝る前(24時前後)

 

30代くらいの男性サラリーマンなら大体みなさん、こんな感じじゃないかと推察します。

つまり、上記の時間帯にメールで通知がきたり、Twitterでツイートされたりすると、ついつい見ちゃうわけです。

ただ、これはあくまで自分の例です。

 

では、世間一般的にはいつインターネットをしているのか?

その回答において、かなり説得力がありそうなのが、総務省情報通信政策研究所がおこなっている「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」、通称「情報通信白書」です。

 

関係情報:情報通信関連:情報通信白書平成30年版

 

総務省が情報通信の分野における産業の現況や政策の動向などを取りまとめて年次で刊行しています。

IT(情報技術)やICT(情報通信技術)に関する政府の取り組み、成長戦略、諸政策とその進捗状況、国内外の業界の動向、今後の方針や展望、各種調査資料などがまとめられていて、読み物としても興味深いです。

 

さて、その中に以下のようなデータがあります。

 

主なメディアの時間帯別行為者率

f:id:murakamidaigo:20190307003629p:plain

(出典)総務省情報通信政策研究所「平成29年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」

 

主なメディアついて、一日のどの時間帯にどれぐらいの割合の人が利用したか、行為者率の推移を示したグラフですが、赤い折れ線の「ネット利用」に着目すると、

 

平日12時台

平日19-23時台

休日20-24時台

 

に行為者が多い=インターネットをしている人が多い、というデータになっています。

 

つまり、シンプルに考えて上記の時間帯にブログを投稿するなりツイートするなりすると、比較的多くの人の目に触れ、あわよくば拡散される確率が上がるのではないか、と考えられます。

 

結論

上記の時間帯がネット利用者が多いとはいえ、後半の時間帯に投稿しても、徐々に全体のアクセスは減っていくので、できれば前半の時間帯が望ましいでしょう。

まとめると、

 

平日11~12時くらい

毎日19~20時くらい

 

が、ベストの時間帯と言えます。

実際、冒頭に申し上げたとおり私はいつも20時に記事を公開するようにしています。

 

他にも、ターゲットの年代や職業も踏まえて考えたり、Googleアナリティクスなどで実際に自分のブログが読まれている時間帯に合わせて投稿するといった工夫は必要です。

私も実アクセスも時々確認しながら、投稿時間は調整していくつもりです。

 

私の事例が、投稿時間を迷われている方の参考になれば幸いです。