6歳の息子とドラクエ11sプレイ日記-2【カミュ登場】

その他・雑記
村上醍醐
村上醍醐

初ドラクエの6歳息子の反応とともにドラクエ11sのプレイをリアルにお伝えします。

長男
長男

ポケモンが好き。ドラクエはなんだか難しそう。

スポンサーリンク

前回

イシの村を出発し、デルカダールへ

成人の儀式を終え、自宅の母親に報告すると、「お前は勇者の生まれ変わりだ」と言われました。

長男
長男

「勇者」ってなに・・・?

我が子ながら、いいところを突いてきます。

戦隊モノでも「~の勇者」といったキーワードは出てくるので、「強い人」「悪い敵をやっつける人」と説明すると納得していました。

さて、あっさりと出自を受け止めた主人公は、勇者としての使命を果たすべく、まずは勇者の伝説に詳しいというデルカダール王の元へ向かうことになりました。

フィールドは歩いてもいいですし、馬に乗ることで、すいすいフィールドを移動できます。馬に乗ってダッシュでモンスターに突進すると、蹴散らせます

が、もちろん経験値は入りません。

とはいえ、ただでさえシンボルエンカウントになって避けられるし、馬に乗れば避けるような細かい操作も考えなくていいので、フィールド移動のストレスがないです。

事態は急転

道中、1レベル上げてからデルカダールの城下町へ到着。

城下町をくまなく探索したい欲に駆られましたが、息子の興味を引くためには話を進めるほうが得策と思い、まっすぐデルカダール城へ。

そして、あっさりデルカダール王に会えてしまいました。

すると、最初は「その痣こそ勇者の証」みたいなことを言われましたが、一転「悪魔の子」と呼ばれ、牢屋に入れられてしまいました。

長男
長男

( ゚д゚) ポカーン

そりゃそうですよね。

「勇者だ!」と10分くらい前に言われたのに、どん底まで落とされてしまいました。

6歳の子どもからすると、ここの展開はわかりにくかったと思います。

なぜ「悪魔の子」と呼ばれるようになったのか、これから判明すると思いますし、そこが物語のポイントになるのですが、やや大人向けの話運びだな、と感じました。

新キャラ登場

さて牢屋に入れられた主人公ですが、そこで新キャラ・カミュと出会います。

職業は盗賊っぽいですね。素早さが高く武器のバリエーションが広い器用なタイプかな、と想像します。

何らか理由があるんでしょうが、カミュはいともあっさり主人公を勇者と受け入れ、2人で協力して牢屋を脱出、途中、ドラゴンにも追いかけられました。

長男
長男

逃げて逃げて逃げて~!

このあたりの展開は子どもながらにキャッチーだったようで、興奮気味でした。

村上醍醐
村上醍醐

あとでまたこのドラゴン出てきそうだな

しかし、2人はやがて崖に追い詰められます。

そこでカミュが「勇者の奇跡を信じる」ということで滝壺に2人で飛び込みました。

主人公が目を覚ますと、そこは教会。ドラクエらしい展開です。

カミュもいます。

長男
長男

生きててよかったー

私としては、カミュとバラバラになる恐れがあると思ってたので、ひとまず一緒でよかったです。どうやら仲間として正式加入するようです。

ひとまず冒険の書を記録して、今回はここまでです。

まとめ

2日目のプレイ感想
  • 過去のドラクエと比較するとフィールド移動のストレスが軽減
  • 勇者→悪魔の子と事態が急転。やや大人向けの話運び
  • 新キャラ・カミュ登場。あっさり主人公を勇者と受け入れる
  • 逃亡→脱出→教会で目が覚めるというドラクエテンプレ
タイトルとURLをコピーしました