村上醍醐の日記

時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

【ジュラシックワールドアライブ序盤攻略】初心者におすすめのノーマル恐竜5選

村上醍醐です。

「Jurassic World Alive」Android版プレイ中です。
SNS等の評判を見ると「動作が重い」という声が多いのですが、「ゲーム性はポケモンGOより上」「バトルが戦略性が高く面白い」という評判を結構聞こえてきます。

そうなんです。メインである、恐竜のDNA採取はもちろん、PvPのバトルもこのアプリの醍醐味だと思います。相手の次の行動を予測しながら、行動を選択するのがスリリングで楽しいのです。

 

改めてゲームを説明

Jurassic World Alive(Android版)

どういうゲームかを改めて端的に表現すると、

「ジュラシック・ワールド」×「ポケモンGO」 DNAを採取し、作成した恐竜で戦う位置情報シミュレーション
ジュラシック・ワールド[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2018-03-27) 売り上げランキング: 339

7/8(日)の夕方あたりに急に動作が良化した気がしたのですが、それ以降は変化なし。木のせいだったようです。

今日はこれからこのゲームを始める人向けの情報です。

 

恐竜にはレア度がある

このゲームには各恐竜にレア度が設定されており、レア度が高いほど各種能力も高いです。

(同じ恐竜だけど、レア度が違うというパターンもあります)

確認できている限りレア度は低い順に以下のものが存在します。

  • ノーマル
  • レア
  • エピック
  • レジェンド
  • ユニーク

初心者は、まずノーマル恐竜を収集していくことになります。

 

初心者におすすめするバトルに有効なノーマル恐竜

何をもっておすすめかというと、「バトル」で使える恐竜です。

バトルについては過去エントリーを参照いただきたいのですが、このゲームのバトルで重要なのは、恐竜の「攻撃力」と「素早さ」と私は考えます。

 

murakamidaigo.hatenablog.jp

 

その観点とチームとしてのバランスを加味して、優先的に集めたい恐竜は下記5体です。

 

  1. ベロキラプトル
  2. ステゴサウルス
  3. ユーオプロケファルス
  4. アロサウルス
  5. タニコラグレウス

 

ベロキラプトル

「ベロキラプトル」はその素早さが特徴で、自分より高レベルのベロキラプトル以外のすべての恐竜に先行することができます。体力が低いのですが、高い攻撃力を持つので、相手からの攻撃を受ける前に一撃で沈めてしまうこともしばしばです。このゲームのバトルは「いかに相手からの攻撃を受けて倒される前に、相手を倒すか」が肝なので、そもそも攻撃を受けない戦い方が可能なベロキラプトルは最優先で集めたいところです。

 

ステゴサウルス

「ステゴサウルス」は「優位な攻撃」持ちで自分のデバフを取り消しつつ相手の素早さを下げることができるので、格好のラプトル系キラーとなります。加えてバランスの良さが特徴で、体力もありつつ、攻撃力・素早さもそこそこなので、様々な相手に対抗することができます。初期はなるべくチームに入れておきたい恐竜です。

 

ユーオプロケファルス

「ユーオプロケファルス」はガード、つまり守備力が特徴です。体力もあるので、長いターン行動することできます。攻撃力はそこまで高くないですが、長いターン戦えることで相手に与えるダメージの蓄積値はあなどれません。

 

アロサウルス

「アロサウルス」は単純な攻撃力が魅力です。アーマーおよびシールドを破壊する攻撃ができるので、ユーオプロケファルス等のアーマー持ちキラーとなります。街中でも比較的出現率が高くDNAが集めやすいのもポイント高いです。

 

タニコラグレウス

「タニコラグレウス」はベロキラプトルに比べわずかに素早さは劣りますが(130 vs 132)、攻撃力は遜色なく、それでいて体力がラプトル系よりも高いのが特徴です。スキルとしてはアーマー破壊攻撃と、スクラブ効果攻撃の2つです。そのため、ラプトル系は苦手としますが、それ以外のタイプには相手の守備力やバフ効果をもろともしない強さがあります。この強さを実感するのは、ある程度ステージを上がってからになると思いますが、育てておいて損はないです。

 

まとめ

本ゲームの初心者におすすめするのは「バトル」で使える恐竜です。 その観点とチームとしてのバランスを加味して、優先的に集めたい恐竜は下記5体です。

 

  1. ベロキラプトル
  2. ステゴサウルス
  3. ユーオプロケファルス
  4. アロサウルス
  5. タニコラグレウス


今回は、上記5体を紹介しましたが、自分が好きな恐竜を使うというのも良いと思います。よくできたゲームなので、長く楽しみたいですね。