村上醍醐の日記

時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

都内のシェアサイクルサービスに登録しました

きっかけ

2週間後の次男の入院の際、

会社~病院~自宅の効率的移動に関して夫婦2人の移動手段を検討した結果、

基本は自宅の電動自転車を使うものの、電動自転車は1台しかないため

保険と緊急用にシェアサイクルに登録しておくこととしました。

シェアサイクルとは?

カーシェアリングサービスと同じ概念の自転車版です。

街中に複数の自転車貸出拠点(ポート)を設置し、

利用者がどこでも貸出・返却できる新しい交通手段といえます。

利点としては、以下のような点が挙げられ、

ゆくゆくは放置自転車問題といった社会問題の解決にも

つながるかもしれません。

  • フレキシブルな時間設定で利用できる
  • 電車では行けないエリアへも簡単へ移動できる
  • 乗り捨てができるので、ポートが増えるほど利便性が高まる
  • 普及すれば、自転車を保有する必要がなくなる
  • 不必要な自転車が減ることで駐輪スペースが有効活用され、放置自転車が減る

<h3今回登録したサービス 東京・自転車シェアリング広域実験

東京都内7区(千代田区中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、渋谷区)において、7区すべてのポートで貸出・返却することが可能となります。

料金プランは下記の通り。

今回私は冒頭で述べた通り、継続的な利用は目的ではないため、1回会員で登録しました。

登録の際は、ドコモアカウントがあると、連携できるので少し手間が省けます。

ちなみにドコモは「株式会社ドコモ・バイクシェア」という会社を立ち上げ、

今回私が登録した「東京・自転車シェアリング広域実験」をはじめ、

様々なサイクルシェアリング事業の運営をおこなっています。

利用はまだ

今回は登録のみ。

実際に利用してみての感想は、後日レポートする予定です。