daigolog

村上醍醐の日記。時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

プレゼン資料などに使えるおすすめ素材サイト3選

村上醍醐です。

 

サラリーマンをしていると、パワーポイントでのプレゼン資料作成や、Excelなどでのマニュアル作成などの機会がある方は多いでしょう。

そんなときビジュアルでわかりやすく伝えるテクニックは大事で、色々なテクニックがあります。

1つはアイコン・画像素材の活用です。

しかし権利問題など、どう使っていいか迷ってしまうこともあるでしょう。

今回は、面倒な手続きなしで使えるビジネス系の資料素材 としておすすめの画像素材サイトをいくつか紹介します。

 


1. ICOOON MONO

icooon-mono.com


【解説】

個人的には一番重宝してます。

シンプルなデザインアイコンが6000種類選べて、かつ 色もRGBを自由に調節できる のが素晴らしい。

様々なシーンで活躍できるサイトです。

また、運営している「TopeconHeroes」には複数素材サイトがあり、資料のトーンに併せて使い分けるのもありです。

ピクトグラムなんかも使いやすいと思います。

 

stampo.fun

 

【サンプル】

f:id:murakamidaigo:20190911192403p:plain


2. Pexels

www.pexels.com


【解説】

写真素材サイトも数多くありますが、私はシンプルなこちらのサイトを使っています。

Googleで画像検索をするようなイメージ で素材が探せて、簡単にダウンロードできます。

人物は日本人が少ないので、そこはご留意ください。

検索結果が、スクロールしていくだけで展開していくユーザビリティがよいです。

似たサイトで、pixabayもあります。

ラインナップ見て、好みで使い分ければよいかと思います。

 

【サンプル】

f:id:murakamidaigo:20190911192520p:plain

 

3. いらすとや

www.irasutoya.com


【解説】
もはや、いらすとやの素材を見ない日はないくらい浸透してしまったサイト。

人物をモチーフにした幅広いラインナップが強みです。

あと、意外と流行を捉えた新素材 がどんどん追加されてます。(OODAループ素材があるとは思わなかった・・・)

イラストのトーンが柔らかめでクセはないのですが、ビジネス向けに使うとなるとシーンは限られる印象です。

 

【サンプル】

f:id:murakamidaigo:20190911193032p:plain

 

大事なのはお気に入りサイトを決めておくこと

Googleで検索したり、色々なサイトを見てみたり素材探しに時間をかけるのは、本質的な時間の使い方として適切ではありません。

限られた時間は、ストーリー構成やメッセージの作成にかけるべき だと思います。

私なら上記3サイトと決めているように、画像素材サイトを決めておくと、資料作成に迷う時間が減り、結果スピードアップできます。

ぜひ残業削減の1テクニックだと思って参考にしてください。