daigolog

村上醍醐の日記。時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

【読書感想】「Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]」のんくら(早川 修)他

村上醍醐です。

 

のんくら(早川 修)他「Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]」を読んでの感想です。

 

  

内容紹介

プロが教える、Google AdSenseで「10年先も安定して稼ぎ続ける」50の王道!

「アクセス数が思ったように増えない!」
「時間が経つにつれアクセス数が減ってしまう……」
「本格的にAdSenseで稼ぎたい!」
「長く稼ぎ続けるにはどうしたらいい?」

こうした質問をはじめ、多くのユーザーが気づいていない、Google AdSenseの収益化でつまずく部分を熟練者が明らかにしていきます。

 

感想

Google AdSenseは、Googleの提供しているコンテンツ連動型広告配信サービスです。所有しているサイトやブログのコンテンツにコードを貼り付けると広告が表示され、それがクリックされると報酬が得られる仕組みです。

報酬はほぼページビュー(PV)に比例するとされており、本書のコンセプトは継続的・持続的に自サイト・ブログのPVを集める方法論の集大成といったところでしょう。

かなり網羅的に記されており、Google AdSenseを利用していて、何らかの課題意識を持っている方にはもれなくオススメしたい良書です。

 

以下、チャプターごとに感想をまとめていきます。

 

CHAPTER_1 長期間アクセスが集まり続ける「テーマ」の選び方

AdSenseで「稼ぎ続ける」ためには、「テーマの選び方」が大切。

これが、Google AdSenseというGoogleのプラットフォーム上で報酬を得ようとするのであれば最もベースのテクニックでしょう。なぜならGoogleの根幹は「検索」だからです。

よく耳にするビジネスフレームワークの「3C」でいえば、「Customer(市場・顧客)」といったところでしょう。

ただ、「稼ぐため」のサイト・ブログ運営では、これについて考え抜く必要があるかと思いますが、「自己表現等のため」のブログなどでは、そこまでテーマに縛られないようがよいのでは、という印象です。

個人的には、本書の中で一番、何度も読み返したいのはこの章です。

 

CHAPTER_2 アクセス数を安定させる「SEO戦略」

「稼ぎ続ける」ためには「検索順位を維持してアクセスが安定するコンテンツ」を作ることが必要不可欠、アクセス数を安定させるための「SEO戦略」についてまとめられています。

前章が初心者向けなら、本章は初~中級者向けといった感じで、「3C」でいうところの「Company(自社)」、「Competitor(競合)」の視点も必要になってきます。

いろいろなテクニックが紹介されていますが、大事なのは、少しずつ実践して自分の目で効果を確認・検証していく姿勢であることは疑いようがありません。

 

CHAPTER_3 読者にも検索エンジンにも好まれる「サイト構築法」

前章をさらに応用させ、AdSense向けに収益が上がりやすくなるサイト構築のノウハウがまとめられており、中級者以上向けの内容になっています。

個別の記事やページだけではなく、サイト・ブログ全体の構築方法もまとめられており、とても参考になります。ただ、1~3章通して、突飛なアイデアな発想というものはほぼなく、「読む人のことを考えた最善の迎え方、もてなし方、説明の仕方」という根幹の方針は共通していると感じました。テクニックに溺れるのではなく、「どうしたらお客様が喜ぶか」という視点で考えることが大事なのでしょう。

 

CHAPTER_4 稼ぎ続けるための「AdSense」の運用方法

この章では、AdSenseについて、市場動向から、詳細な広告タイプの種類の説明、レポートの見方・効果測定まで掘り下げて解説しています。中~上級者向けの内容となっており、少しGoogle AdSenseの運用に慣れて問題意識がはっきりとしてから読むのが効果的だと思われます。

 

CHAPTER_5 「オーソリティーサイト」になって信頼と権威を積み重ねよう

今後、本当に基本的な情報(お店であれば、電話番号や営業時間など)はGoogleで調べた瞬間に結果にでるため、今後個人がGoogleで稼ぐためには、本章の通り「オーソリティーサイト」を目指す方向性が必須になってくると思われます。そういう意味では、何度も読み返したい章です。

 

CHAPTER_6 10年先も安定して稼ぐために

最後は、テクニック抜きの、AdSenseを継続していくための考え方、困難に立ち向かうためのメンタルの保ち方と解決法についてのアドバイスです。どうしてもAdSenseをしていると収益に一喜一憂してしまうものですが、本当に大事なことってなんだっけ? と思わされます。

 

 

まとめ

Google AdSenseをはじめSEOで大事なのは、結局サラリーマンも仕事で駆使している「3C」などのビジネスフレームワークといったマーケティング知識やテクニックなんだな、という思いを強くしました。

SEOに特化するなら、一層「これはビジネスなんだ」と割り切ってサイト構築することが重要でしょう。

私は本ブログでGoogle AdSenseを掲載していますが、収益はそこまで追い求めてはいませんが、あるに越したことはありません。本ブログを訪れた方が、何らかの疑問や不明点を持っていたときに、少しでも解決につながれば、私はとても嬉しいですし、そういう記事づくりを意識して続けていきたいと思います。

このように、自分が自サイト・ブログとどう付き合っていくかを考え直させるきっかけを与えてくれるという意味でも、本書は示唆に富んだ一冊と言えるでしょう。