daigolog

村上醍醐の日記。時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

「ゾンビランドサガ」は生きる力がもらえる超良作アニメだった

村上醍醐です。

Amazonプライム*1でゾンビランドサガを見て、近年3本の指に入るほど面白く、誰かにこの魅力を伝えたくて興奮を抑えきれなくなったので、記事にまとめておきます。


ここ数年は年に2,3個しかアニメは見ておらず、リアルタイムで見られなかったのが悔やまれますが、今作はここ数年では一番の個人的ヒットとなりました。

 


「ゾンビランドサガ」とは

2018年10-12月に放送されたオリジナルアニメです。

内容を一言でまとめると、「ゾンビ×アイドル×佐賀アニメ」。

もう少し説明すると、ゾンビとして生き返った時代の異なる少女たちがプロデューサーに導かれながら、佐賀県を救うためにご当地アイドルとして活動する様子を描いた作品です。

オリジナルアニメなので、事前情報はほとんどなく、放送後に人気に火がつきました。

最終的にはアニメ総選挙2018年間大賞で1位、2018年の覇権アニメとなった評価折り紙つきの作です。

 

enquete.nicovideo.jp


「ゾンビランドサガ」の魅力

魅力はいろいろあって、色々な角度から楽しめるのがこの作品のいいところだと思います。

  • 設定
  • キャラクター
  • 謎・伏線のあるストーリー
  • ギャグ
  • 音楽

詳しくはこれから説明していきます。

設定の妙

それはもう「ゾンビ」という設定がものすごいスパイスになっています。

ゾンビ化の詳しい理由や経緯は依然謎のままですが、コメディとしてもギャグとしてもストーリテリングとしても上手く料理をしていると思います。

登場人物たちは異なる時代を生き、死んで、同じ時代にゾンビとして生まれ変わりました。

そんな時代背景の違いによる衝突やすれ違いも興味深く描かれています(詳しくは後述)。

なんといっても、すでに死んでいるので、何が起きても納得できちゃうんですね。

「わたしたち、ゾンビですから」という台詞があるのですが、これがこのアニメを端的に言い表しています。

本来死んでいる彼女たちが、明るくギャグを交えつつも、困難を乗り越えて懸命に生きて輝く姿に、見ている側が生きていく元気がもらえるアニメになってます。


魅力的なキャラクター達

アイドルプロデューサーの巽幸太郎をはじめ、魅力的なキャラ造形が光ります。

 

源さくら

主人公。『伝説なし』。

ゾンビィ1号。

「どやんすー」。

主人公のさくらは、いわゆる巻き込まれ系の狂言回しです。

とはいえ、勉強も運動もできるけど「持ってない」ところとか巽との関係とか、随所に主人公的な特別扱いの設定があるので、まだまだ伸びしろがありそうです。

実は何をやらせても優秀なので、伝説設定がなくてもセンター張れるのは割と説得力があります。


二階堂サキ

『伝説の特攻隊長』。

ゾンビィ2号にしてフランシュシュのリーダー。

「夜露死苦」。

生きていた時代は90年代後半、絵に描いたようなヤンキー娘で問題行動も多いです。

なので最初はいけ好かない感じなのが、なんだかんだ文句を言いつつも情に厚くて面倒見の良い、仲間想いなムードメーカーな面が見えてくると本領発揮です。

 

水野愛

『伝説の平成のアイドル』。

ゾンビィ3号。

「カットイン!」。

2000年代後半のアイドルグループ「アイアンフリル」のセンターボーカルを務めたトップアイドル。

イメージ的にはAKBのセンター前田敦子でしょう。

水野愛って名前が、いかにも平成って感じがしてすごいと思いました。

平成のアイドルの象徴はやっぱりAKBだったんだな、間にいたのがモーニング娘。かなあ・・・なんていろいろ考えさせられます。

リアリストだけど努力家なところが上手く描かれています。

そして「目覚めRETURNER」の「カットイン」で骨抜きにされた人は多そう。(私も含め)


紺野純子

『伝説の昭和のアイドル』。

ゾンビィ4号。

「ゾンビですから」

1980年代の伝説的アイドル。

個人的推し。

名前が本当昭和っぽくて、いいところついているなと。

イメージ的には、松田聖子+中森明菜(+山口百恵)でわかりやすい。

普段はおどおどとして物静かなんだけど、アイドルとしての矜持を曲げない強さがとても魅力的に描かれています。

そして歌声のイケメンさに惚れた人は多いハズ。

これらのギャップに私もやられました。 


ゆうぎり

『伝説の花魁』。

ゾンビィ5号。

「ありんす」。

幕末に生まれ明治に死んだ花魁。気分は異世界転生でしょうね。

いわゆる「姐さん」ポジションで、いいところで締めてくれます。

結構好きです。

 

星川リリィ

『伝説の天才子役』。

ゾンビィ6号。

好きなキャラかというと微妙なのですが、作中でキャラクター設定には頭が下がる思いでした。

割と丁寧に伏線が張られていて、中盤~終盤をうまくつなげた功労者だと思います。

 

山田たえ

『伝説の山田たえ』。

ゾンビィ0号。

この作品は、この子がものすごいスパイスきかせてます。

生前の経歴は一切不明で、メインヒロインであるさくら以上に謎の多い存在。

この子の持つ謎だけで2期までご飯が食べれます。


巽幸太郎

謎の多いアイドルプロデューサー。

ゾンビランドサガって結局謎ばかりなんですよね。

そこを安易に明かしていかないからこその面白さではあるのですが。

2期のティザーを見る限り、もう少しフィーチャーされるのかなと思いますが、やりすぎるとしらけちゃうかも。

 

zombielandsaga.com

 

個人的に好きなキャラクターは、純子>さくら>ゆうぎり です。


起伏のあるストーリー

全12話なのですが、まずは2話まで見てもらいたいです。

私は正直1話を見ても、この作品の方向性がイマイチ見えてこず「ギャグアニメ」なのかなと思っていました。

その認識が覆されたのは2話です。

 

「あ、ちゃんと音楽をやるんだ、アイドルをやるんだ」

 

と作品を見る目が変わりました。

 

3~5話は佐賀のご当地ネタを絡め伏線を散りばめつつも、メンバー通しのスラップスティック的なやりとりを通して、グループの絆を深めていきます。

お気に入りキャラが固まっていくのもこの頃です。

中盤以降は、メンバーの深堀りメインになり、生前のことや死因に触れていくことになります。

この辺のギャグ・シリアスのバランスが素晴らしく、20分ちょっとの放送時間があっという間に感じます。

 

そして、このアニメの評価を決定づけたのは7話でしょう。

サガロックのライブシーンは、これまでの伏線や各種設定を最大限活かした素晴らしい出来だと思います。

ここまできたらあとは最終回までノンストップでしょう。

 

アイドルを描くということ

あと「昭和と平成のアイドル観の衝突」を効果的に描いている点が非常に興味深いです。

ネット上でもよく言及されています。

 

togetter.com


昭和のアイドルである紺野純子は、偶像としてのアイドル、高嶺の花でなければならないといけないという昭和のアイドル観。

対する水野愛は身近なアイドル、手の届く存在という平成のアイドル観で生きている。

(二人ともゾンビだけど)

例えるならば、全盛期の松田聖子や中森明菜、山口百恵と前田敦子や指原莉乃が一緒のグループにいるようなもの。

昭和のアイドル観はおニャン子クラブが壊し、モーニング娘。が平成のアイドル観を構築し、AKB48が完成させたのだと思っています。

が、そんなことをアニメを見て考えさせられるとは・・・見たときは思わず唸ってしまいました。

ゾンビという設定で昭和と平成をつなぎ、アイドル文化の今昔を彼女たちの衝撃的な死に様も交えて痛烈に描いた6話は、昭和に生まれ平成に育った私の心に深く刻まれました。

 

バリエーション豊富な曲達と個人的ランキング

もちろんアイドルなので歌が登場します。

いわゆるアイドルソングをベースに、いろいろな分野の音楽をオマージュしている印象ですが、めちゃくちゃキャッチーでいい曲多いです。

ここで勝手に個人的ランキングを紹介。

 

5位

「徒花ネクロマンシー」


TVアニメ「ゾンビランドサガ」OPテーマ『徒花ネクロマンシー』

作詞 - 古屋真

作曲・編曲 - 加藤裕介

歌 - フランシュシュ


オープニングテーマですね。

いわゆるアニソン・特撮ソングという雰囲気で気分が上がります。

 

4位

「特攻DANCE」

www.youtube.com

作詞 - 古屋真、磯崎健史

作曲・編曲 - 磯崎健史

歌 - フランシュシュ

 

サキメイン。氣志團ぽいですが、女性アイドルの可愛さもあります。

ライブ映えする曲。

 

3位

「アツクナレ」

www.youtube.com

作詞 - ma-saya

作曲・編曲 - 加藤裕介

歌 - フランシュシュ


愛・純子(純愛コンビ)のダブルメイン曲。ガールズバンドぽいです。

純子のイケボに惚れます。

ストーリー的にも中盤のいいところで使われるので好きな人も多いハズ。


2位

「目覚めRETURNER」

www.youtube.com

作詞・作曲・編曲 - 木下智哉

歌 - フランシュシュ

 

こちらも純愛コンビのダブルメイン曲。Perfumeぽいです。

要所要所でながれるので、メインテーマみたいな扱いかもしれません。

「カットイン」がめちゃくちゃ可愛い。

特に7話で流れる場面は名シーンです。

 

1位

「ヨミガエレ」

www.youtube.com

作詞 - 古屋真

作曲・編曲 - 浅利進吾

歌 - フランシュシュ


さくらメイン曲。イントロがドンピシャ好みです。

そして何より歌詞が格好いいんですよね。

 

何度でも 何度でも 立ち上がれ
諦めなければ 終わりは 始まりへ変わる

 

ストレートな言葉で、ゾンビという彼女たちが歌うからこそ輝く。

アニソンはこうでないと、というのをこの上なく体現している曲。


残された謎

ゾンビランドサガは2期が正式に発表されていますが、依然多くの謎を残したままです。

 

  • ゾンビになった詳細
  • さくらと巽の関係
  • ゆうぎりの過去
  • バーの店長の正体
  • 山田たえの正体


また、上記に加えて2期では以下のようなネタも組み込まれそうです。

 

  • 愛と、生前所属していたグループ「アイアンフリル」との関係性
  • 愛・純子・リリイの生前を知る新聞記者との関係性


まとめ

「ゾンビランドサガ」は本当に「よか」アニメで、2期が待ち遠しいです。

そしてこの記事も、まだ語り尽くせていないので、適宜加筆修正していくつもりです。

 

なお、Amazonプライムでは、2019年9月中を目処にラインナップから削除されてしまうようですので、視聴はお早めに!

 

 

*1:2019年9月中を目処にラインナップから削除されてしまうようです。