次男(3歳)の現状【2019年9月】

スポンサーリンク

村上醍醐です。

 

次男は生来の病気の影響で心身の発達遅延が見られるため、その経過を毎月記録します。

 

▼ここ3ヶ月の経過

www.murakamidaigo.com

www.murakamidaigo.com

www.murakamidaigo.com

 

ここ1ヶ月でできるようになったこと

相変わらずゆっくりではありますが、運動・情緒面それぞれの発達が見られています。

ただ、先月は暑さのためか体調を崩すことも多かったのですが、今月は落ち着いて過ごせました。

 

粗大運動面

課題である体幹ですが、少しずつ成果が出てきました。

具体的には滑り台を普通に前向きで滑れるようになりました。

これまでは、腹ばいだったので。。。

段差の上り下りも過ごしずつスムーズにできるようになっています。

PTさんと連携して、もっと伸ばしていきたいと思います。 

 

微細運動面

特にコレと言ったポイントはないのですが、全体的に動きがスムーズになってきています。

 

情緒面

耳を塞ぐ仕草が減りました。

一貫性の彼なりのブームだったのかもしれません。

 

まだまだなところ

ここは先月に引き続きです。

 

運動面

走るのが、まだぎこちないです。

おそらく、骨盤が安定せずバランスが取りにくいのでストライドが広がらないので、走る動作にならないのだと推測します。

PT・OTさんと連携しながら骨盤周りの安定を獲得できればと思っています。

 

情緒面

トイレトレーニングは相変わらずです。進んでいません。

出そうな感覚がわからないのか教えてくれないので、引き続きトイトレは専門家に相談しつつ進めていきたいと思います。

 

方針

先月に引き続き、彼なりのペースで出来ることが少しずつ増えているな、と感じます。

ずっと継続ですが、周りの子供達や長男と比べても意味がないため、彼の良い面に目を向け、できるようになったことをひたすら褒めていきます。

大人の真似は確実に上手になってきているため、言葉もゆっくり大きく話すようにします。

 

タイトルとURLをコピーしました