村上醍醐の日記

時短・省力化テクニック:「仕事ノウハウ」「子育て」。好きなこと:「資産運用」「読書」「麻婆豆腐」

【明星食品】東京タンメントナリ監修 辛激タンメン

村上醍醐です。

 

いままで辛い系カップラーメンは「蒙古タンメン中本」一強という感じでしたが、ローソンになかなかの対抗馬がいました。

 

▼セブンイレブンで買える「蒙古タンメン中本」 商品についてはこちら

www.murakamidaigo.com

www.murakamidaigo.com

 

それが、本日紹介する「東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」です。

東京タンメントナリは、行列で有名なつけ麺屋の「六厘舎」の系列のタンメンがメインのラーメン店で、都内に数店舗を展開する人気店ですので、大いに期待できるでしょう。

 

▼目次

 

商品概要

 

蒙古タンメン中本がセブンイレブン限定なら、こちらはローソン限定です。

価格は200円程度。

お湯を入れてから出来上がりまでは(蒙古タンメン中本と同じ)5分と少し長めです。

辛さを増すための「辛激ペースト」が同封されています。この辺りは蒙古タンメン中本を意識しているのかどうなのか・・・

 

作ってみた

出来上がりはこんな感じです。

ニラが特徴的でしょうか。色は蒙古タンメン中本ほど赤くはないので、マイルドな印象を受けます。

 

感想

比較すると辛さは蒙古タンメン中本ほどではありません。だがしかし、しっかり辛さの中に旨味があります。辛いカップラーメンは数あれど、なかなかこのクオリティには出会えません。

生姜の風味に豆板醤がほどよく刺激をプラスし、ニラの味わいをさらに深くしています。有り体にいうと、そう「バランスがよい」のです。

 

麺は太い縮れ麺です。このあたりは好みもあるかもしれませんが、個人的には悪くはないものの蒙古タンメン中本の麺のほうが好きですかね。スープに絡む感じはとてもよいので、それであれば、もう少しモチモチ感があればよかったかも。

 

蒙古タンメン中本の牙城を崩すにはもう一つ何かが足りないものの、少しベクトルをずらせば、(すでにローソンではそうなっていると思いますが)辛いカップラーメンの中の一ポジションに定着できるのではと思いました。今後に期待です。